-----週刊ベースボールは電子書籍の方が安い?検証してみた!-----

【2011年中日】働けくそ打線、DQSってなんの事?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは

最近のドラゴンズと言えば、貧打貧打が続き得点圏にランナーは置きますが、一発が出ないような

何とも歯がゆい生成を残し続けています。

投手陣はなんとか試合が作れるように抑えてはいますが、援護がない…

このような試合を見ていてなんとなく2011年のドラゴンズを思い出しました。

気がついたらもう10年前、紹介させてください。

スポンサーリンク

2011年のドラゴンズ

働けくそ打線といわれた打線とは…

6荒木  .263 *2 24
4井端  .234 *1 29
5森野  .232 10 45
3ブランコ .248 16 48
2谷繁  .256 *6 31
7和田  .232 12 54
9平田  .255 11 38
8大島  .243 *3 18

これは…全く打てない…
これでは最下位?よくても4位でしょうか?
いえいえ実は1位です。

2011年と2021年と比較して見ましょう

8大島  .297
6三俣  .240
5高橋  .273
3ビシエド .289
4堂上  .271
7福田  .228
9加藤  .259
2木下  .279
こちらを見ると、2011年よりは5分程度打率が高いことが分かります。当時から見ると0.250打てはクリンアップでしたからね。

一位になれたその圧倒的投手陣を紹介!

頑張りすぎた投手陣

吉見 一起 26登板 18勝3敗 防1.65 最優秀防御率 最多勝 最高勝率
ネルソン 31登板 10勝14敗 防2.54
チェン 25登板 8勝10敗 防2.68
川井 雄太 16登板 5勝3敗 防2.39
ソト 22登板 5勝1敗 防1.73
鈴木 義広 55登板 2勝1敗 防1.08
小林 正人 58登板 5勝0敗 防0.87
浅尾 拓也 79登板 7勝2敗10セーブ 防0.41MVP 最優秀中継ぎ投手
岩瀬 仁紀 56登板 0勝1敗37セーブ 防1.48

吉見選手と浅尾選手がすごすぎたこの時代…

吉見選手だけで貯金が15!
浅尾選手は中継ぎとして初のMVPの受賞、シーズン終盤には抑えとして試合を締めくくることもありました。

QSならぬDQS(ドラゴンズクオリティースタート)とは?

あまりに打線が打てない時期に発生したドラゴンズルールがこちら
ドラゴンズ基準(7回投げきるのは最低条件)
0封  勝つためには当然
1失点 負けても文句言えない
2失点 当然負け。勝ったら野手陣に感謝
3失点 二軍行けゴミ。勝ったら野手陣に土下座
4失点 戦力外。勝っても馬鹿試合

現代野球では6回3失点で試合を作ったと言われますが、当時のドラゴンズだと、7回2失点では、ローテから落ちてしまうような投手陣でした。ドラゴンズの打線で3得点もできる時はほとんどありませんでしたからね。

2011年シーズン序盤は苦しむ

こちらがシーズン中の貯金推移

8月半ばには5位に落ち込んでいる時期もありました。

それが9月以降になると勝率が驚異の7割越え

全く打たれる気がしませんでした

今年(2021)のドラゴンズにも、シーズン終盤まであきらめずに頑張ってほしいですね。現在のドラゴンズは71試合終わって借金が6。優勝することができた、2011年も8月9日までは借金6を抱えて過ごしていました。

この頃に先発に加わった外選手の加入と、ブランコ選手の怪我からの復活で、一気に後半戦を勝ち抜きましたね。

今年のドラゴンズも、やり得るロドリゲス選手の合流&ガーバー選手の復調で連勝街道に乗りませんかね。

摩訶不思議の日本シリーズ

日本シリーズの対戦相手のホークスは史上最強といわれていました。
1勝でもすれば御の字といわれるレベル。

1(遊) 川崎宗則  .267 *1 37
2(二) 本多雄一  .305 *0 43
3(左) 内川聖一  .338 12 74
4(一) 小久保裕紀 .269 10 48
5(指) 松中信彦  .308 12 36
6(三) 松田宣浩  .282 25 83
7(右) 多村仁志  .241 *4 36
8(中) 長谷川勇也 .293 *4 34
9(捕) 細川亨   .201 *1 20

打線の厚みがドラゴンズと違いすぎる、、
4-0で終わるといわれたシリーズは何と最終戦までもつれ込みました。

(Wikipediaより)

こちらの試合結果を見ていただければ明らかでしょうが、
とにかくドラゴンズは点を取らない、7試合やってなんと7点しか取れませんでした。
なんと7試合やってのチーム打率は0.155!

当時はグランパスのほうが点を取るといわれていましたね。

井端のピッチャー返しでサーバーダウン

この日本シリーズが瞬間的に最高に盛り上がったのは、第7試合の9回に起こったことでした。

当時の、ソフトバンクのセットアッパー、ファルケンボークのボールに掠りもしなかったドラゴンズ打線、、、しかし、最後の打席で井端選手がピッチャー返しをファルケンボークが直撃!そのまま負傷交換してしまうという事態に、、、

その時、Twitter・2chのサーバーがダウンしてしまうほど、ユーザーが書き込んでしまい、井端のピッチャー返しは必要以上に有名になってしまいました。

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたか?

今回は、働けくそ打線といわれながらも優勝をした『2011年のドラゴンズ』をテーマに投稿しました。

今年のドラゴンズも現状なかなか打線に期待できませんが、

シーズン半ば以降の浮上に期待しましょう。

コメント