【球場スタッフが教える】プロ野球観戦に必要なもの

現在は5位…ドラゴンズ浮上のきっかけになる選手は?

スポンサーリンク

こんにちは

今日は長年のファンである『中日ドラゴンズ』について書きたいと思います。

ドラゴンズのここまでの成績は

9勝14敗4分け(.391)

と調子がいいとは決していいとは言えない現状ですね。

これからドラゴンズが浮上するために必要なキーマンを書いていきたいと思います。

ドラゴンズ浮上のためのキーマンは?

新外国人選手のガーバー

4月28日(水)より、一軍に合流したドラゴンズの新外国人選手のガーバーが一人目のキーマンです。

ドラゴンズのここまでの、ライトレフトの打撃成績は12球団でも最低レベル

そんな両翼に光を照らす存在になってほしいです。

スイングを見る限りホームランを量産できるタイプではなさそうですが、
非常にシンプルなスイングをしているので、率は期待できそうです。

.280でもドラゴンズでは十分レギュラークラス…!
外野守備もかなりうまいのが、今までの外国人選手とは違いますよね。

2塁手のレギュラー 阿部?三俣?

2塁手のレギュラーもキーポイントです。

ここ2年間ドラゴンズの2塁手は阿部選手が勤めてきましたが、今年は絶不調
今年はいいところでゲッツーを売っている印象があります。

阿部選手が何とか復調するまで待つか、
そこに売って割る選手が現れるか、、、

阿部選手以外の選手をあげるのであれば、三俣選手です。
三俣選手は売りは選球眼、ドラゴンズには数少ないボールを選べる選手です。
さらに、守備力も一級品です。

昔ながらのセカンドの印象に残るような小技ができる2番バッターとしての活躍を期待したいです。

勝利の方程式の祖父江・福

昨年のドラゴンズのAクラス入りの要因である『祖父江・福』
2人とも、最優秀中継ぎのタイトルを手にしましたが、
今年はいまいちピリッとしたピッチングができていません。

個人的には
福選手は去年ができすぎだった(指標的には他球団のセットアッパーには劣る)
祖父江選手は抑えとしての重圧

が要因していいピッチングができていないのではないのかと考えます。

しかしながら、現代野球は勝利の方程式は欠かせません。
5月以降も調子が上がらなかった際に、いつまでも祖父江・福にこだわるのか

それとも、調子がいい又吉・鈴木・谷元に役を譲るのか

それとも、勝ちパターンを2パターン作るのか
どちらにせよ対応が必要だと思います。

エース大野の投手陣けん引

ドラゴンズが今年昨年より順位を上げるために最も必要なのは、
エースの大野雄大が昨年同様以上の活躍を見せることです。

やはりエースが完投完封して、エースの勝利がつくと
1勝以上の価値があるように感じます。

チーム全体が勢いづいてきますよね。

今年は2カード目の頭を投げている大野選手
できればここまでに3勝はしていたかったはずです。
5月以降の彼の本来の力が発揮されることを期待しましょう。

おわりに

いかがでしたか?

今日は完全に私の主観で『ドラゴンズの浮上のキーマン』について書きました。

ここまでは5位ですが、まだまだシーズンの1/6が終わったばかり。
一試合一試合、上の順位を目指してチームが奮起することを期待しましょう

ドラゴンズ
スポンサーリンク
プロ野球研究所

コメント