妊娠してからでは遅い!?妊娠前に必要な栄養素『葉酸』って知っている?

妊娠について
スポンサーリンク

妊娠前に意識して摂取しておいたほうがいい栄養素「葉酸」をご存知でしょうか。
健康で元気な子を産みたい!
誰もが願うことですよね。

そんなあなたに絶対取っておいてほしい栄養素、それが「葉酸」。
そもそも葉酸ってなに?どんな効果があるの?
詳しくお話ししていきます。

そもそも葉酸って?

葉酸は、水溶性のビタミンB群の一種です。

ビタミンB12とともに、赤血球の生産を助ける造血に必要なビタミンとして知られています。

また細胞のホモシステインというアミノ酸が、タンパク質の合成に必要なメチオニンに変換されるのを助けたり、核酸の合成にも必要です。

そのため、妊娠時期に必要な栄養素として有名ですが、ほかにも、冷え性の改善や、血流の促進、ホルモンバランスの乱れなどにも効果がある栄養素です。

↓早速購入したい方はこちら!!!

なぜ妊娠前に必要なの?

葉酸がなぜ必要なのか?
それは、『胎児の神経管閉鎖障害(障がい児や死産)のリスク低減』につながるからです。

難しい言葉が出てきてますが、簡単に説明すると、葉酸が不足してしまっていると脳や脊椎が十分に発達しないことで、障がいを抱えて生まれてくることにつながったり、死産につながる恐れもある、ということです。

では、なぜ葉酸が神経管閉鎖障害リスクの低減につながるのか?
その理由について知りたい方も多いのではないでしょうか。

胎児の脳や神経、臓器や器官は、母体から栄養を送り、細胞分裂していくことで形成され完成します。

葉酸が胎児の身体を形成していく為に重要とされている理由は、
葉酸が直接的に細胞分裂を行わせる役割を持っているところにあります。

つまり、葉酸は脳や脊髄などを作る為になくてはならない栄養素であり、形成を手助けする効果があるのです

また、そのほかの効果で、冷え性の

どうやって葉酸を摂取するの?

葉酸が多く含まれる食材を紹介します。
ホウレン草や納豆は比較的に摂取しやすいほうでしょうか?

レバー類100μg
えだまめ260μg
ほうれん草210μg
よもぎ190μg
納豆120μg

葉酸は一日に摂取する量は、
男性女性ともに240μgといわれています。さらに妊娠初期の女性はその倍の480μgです。

さらに葉酸は熱や、水に弱く調理の過程で半分程度効果が失われてしまうようです。
葉酸を摂る目的で食事をする場合はなるべく火を通さない食べ方だと効率よく葉酸を摂取することができるでしょう。

とはいえ、葉酸が熱や水に弱く、天然素材から十分な量を摂取することは難しいともいわれています。
そのため、次は、おすすめの葉酸摂取方法をご紹介します。

おすすめしたい葉酸の摂取の方法

わざわざ料理をする時間がない方や、料理をしていても葉酸が足りない方は、
サプリメントなどで、補う方法があります。

葉酸を多く含んだ栄養補助食品や、
サプリメントから補給すると質の良い葉酸を手軽に摂取することができます。

↓こちら、妊娠初期に必要な栄養がまとめて入っています!

※葉酸は過剰に摂取すると、
蕁麻疹や、呼吸困難になる恐れがあります。
くれぐれも摂取する場合は、容量も守りましょう。

 

おわりに

いかがでしたか?
妊娠前から必要な栄養素、葉酸。
将来子どもがほしい!と考えている方は、今からでも、摂取を考えてみてもいいかもしれませんね。
健康で元気な子どもが生まれてこれるように願っています!

 

コメント